10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

〜メヌエット〜

A鯖のネーデルランド出身の冒険軍人ジェイ・スミットのストーリー形式と雑記の二部構成の((((;゚Д゚)))))))なブログ☆

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

〜ニーナ〜 第2章第4話 



約半年に渡るソロジェノスクを終え、フリゲートに乗る技量と商会から祝いに船を頂く事が出来た。


国に戻り”9等勲爵位”に任命された僕は思案に暮れていた。




「なぁ?」


「船長どうなされたんで。」


「そろそろ僕も副官を雇おうと思うんだが…どなたがいいだろうか?」


「さあ?ヨハンナさんかロサリオ姐さんに相談なさっては?」


「ヨハンナは…”私を連れてけ”って言いそうだからロサリオ姉さんに相談しに行くか!」


「ヨハンナさんでいいじゃないですかい?船長。」


「あのなぁ、副官ていう事はサポート役だろう?いわゆる秘書だ。美人のお姉さんを船に迎えたいじゃないか。」


「船長…ヨハンナさんに殺されますぜ…」






僕はセビリアの酒場のロサリオ姉さんを尋ねた。


「うーーん。そうねぇ。」

「貴方の戦闘のサポート役なら”エルナン”さんかしら」

「でも、彼はイスパニアの士官で有名な方だし…今は任務中で他所にいるから…」

「貴方にはまだ早いかもね?ひよっこのおもりは断るかも。」


「失礼だなぁ、これでも少しは強くなったんだ」



不意に酒場の隅で飲んでいた女性が立ち上がり、こちらに歩み寄ってきた。


「兄さん、副官を探してるんだって?」とバンダナを巻いた海賊風の少女が話しかけてきた。


「あぁ、そうだよ。」


「だったらアタシを連れて行きなよ!アタシはニーナ。」


「君は何が出来るんだい?」


「えーっと…猫の飼育とかぁ、甲板掃除とか、敵船から積荷を奪うのも得意だよ!」


「お断りだ。」


「なんでっ?」


「僕は海賊じゃない。人から物を奪う主義はない。」




ふと酒場がざわめいてるのに気づく。


「おい…アレって悪辣なバレンシア海賊のニーナだろ…」

「確か、バレンシア海賊はパルマ海賊との戦いで滅んだんだよな。生き残りがいたのかよ。チッ。」


ニーナはうつむいている。泣いている様に見えた。


「私…」


そのまま、酒場から走り去ってしまった。



「あんた達!ニーナはいい子だよ!街の人にも優しいし、海賊以外から奪ったりしない!ニーナがあんた達に何かしたの?」

ロサリオ姉さんは本気で怒っている。


「でも海賊だろ?」

「話にならないわ。ジェイ!ちょっとニーナを追いかけて!早くっ!」

「あぁ…わかったよ、姉さん。」




僕は波止場でニーナを見つけた。四方歩きまわった。


「アンタ…なんでっ?」

「姉さんに頼まれたから。怒ったら怖い…」

「船長さん、私はね…」

ニーナは身の上話を始めた。




ニーナの両親は戦に巻き込まれて死んだこと。拾われたのはバレンシア海賊の棟梁だったこと。そしてパルマ海賊との戦いで仲間が全滅したこと。


「きっと天罰なのかな…私が海賊だったのは事実。今更普通の生活は出来ない…。」


「だったら…」そう言いかけた時、


「バレンシア海賊の残党だな?」




イスパニア憲兵隊に四方を囲まれた。


「来てもらおうか。お前らに聞きたい事がある」


ニーナは観念して立ち上がろうとする。


「憲兵さん方、お待ちください。」


「何かね?貴殿は?」


「僕はネーデルランド所属の航海者、ジェイ・スミットです。」

「彼女は私の副官のヨハンナ。人違いではありませんか?」


驚いてニーナはこちらを振り返る。


「身分を証明出来る物は?」

「ここに。」

「うむぅ、確かにネーデルランドの入港許可証と、貴殿はネーデルランドの9等爵位者でありましたか。失礼しました。」

「いえ。」

「誤報のようだ。引きあげるぞ。」

「はっ!」





憲兵隊が立ち去った後。


「走るぞ!」


「アンタ…なんで?かばったの?」


「姉さんが怒ってまでかばった君が、悪人とは思えない。付き合い長いからな。」


「それに…」


「?」


「女性の涙は見過ごせない。」


「アハハッ、何それ。クサイ!」


「うるさい。」


「急ぐぞ、バレるかもしれない。」


「うん!」




船に急ぐ。


「ねぇ?ところで”ヨハンナ”って誰?恋人?」


「うるさい、違う。」


「急ぐぞ!」




こうして僕は海賊娘 ニーナを副官として迎え、次の街を目指すことになる。







みなさん、メリクリ!あけおめ!そして良いお年を〜(=゚ω゚)ノ





スポンサーサイト

Category: ストーリー編〜第2章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 9   

コメント

Annum novum faustum tibi precor !

今年もよろしくお願いします

ダニエリ #- | URL | 2016/01/01 11:53 [edit]

Спасибо новогодние поздравления !

今年もよろしくお願いします

さくら #- | URL | 2016/01/01 21:38 [edit]

(´Д` )?

いや…読めんわ!

とりあえずあけましておめでとうw

ジェイ #- | URL | 2016/01/01 21:58 [edit]

Д нДρρЧ ЙёЩ ЧёДЯ!!

ニーナさん雇用編面白かったヾ(*≧∇≦)〃
クサイ!^^

YuKI #- | URL | 2016/01/02 01:37 [edit]

كل عام وأنيم بخير

今年こそ、エモ逃げ早撃ちに勝っつぞ~^^

ぱぱちち #qbIq4rIg | URL | 2016/01/02 08:11 [edit]

明けましておめでとうございます。
口説き初め
はうまく行きましたか?

タカトーヤ #/Rsq8gUM | URL | 2016/01/04 08:56 [edit]

ジェイさん、あけおめですっ!

副官雇用物語、おもしろいですね^^
続きが気になって、夜眠れないかも知れませんっ!!!!
言い過ぎると、逆効果ってパターンもあるね!!w

今年もいっぱい遊んでネー♪

本年もよろしくお願いいたしま~すo(*^▽^*)o~♪

あっぷる #- | URL | 2016/01/04 18:30 [edit]

YUKIさん、パパさん、タカさん

今年もよろしくです(=゚ω゚)ノ

酒場娘口説き珍道中はバッチリですたψ(`∇´)ψ

ジェイ #- | URL | 2016/01/07 15:02 [edit]

アップルさん

今年もやらしく!

まあイロイロとアソビましょう…

フフフ…

ジェイ #- | URL | 2016/01/07 15:05 [edit]

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。