06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

〜メヌエット〜

A鯖のネーデルランド出身の冒険軍人ジェイ・スミットのストーリー形式と雑記の二部構成の((((;゚Д゚)))))))なブログ☆

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

第2章第2話〜ラスパルマスの邂逅〜 



僕は翌朝アフリカに向けて出航した。学校でアフリカ西部までの入港許可が降りたから。



EU圏内の外へ出たことのない僕は胸が高鳴っていた。


アフリカは肌の色も言語も文化も違う人々が暮らしているという。



戦闘用フリュート”ブルーバード”と共に危険海域手前のマディラまで帆を進める。



ここから先、カナリア沖からは海賊が多く潜む危険地帯。思わず舵を握る手にも力が入る。





だが、予想に反して船旅は順調そのもの。


アフリカ海岸沿いの街々を発見して回る。


シエラレオネやサンジョルジュは金の一大生産地。EUから富を求めて多くの航海者達が訪れていた。


後に初陣を飾るサントメを過ぎ、許可の降りているカリビブまで発見して、金や象牙などを積み込みEUに帰る事にした。




「なにやら順調すぎるな。海賊の目撃情報もないし、不気味だ…」


「船長、順調な船旅ならそれに越したことはないですぜ!」


「あぁまぁ、そうなんだがな。」



シエラレオネを過ぎ、カーボヴェルデを左手に見ながら、ラスパルマス付近へと帆を進めた。




「あれはなんだ?」

遠くに大型のガレー船が見える。


「あの旗印は海賊船でさ!船長!やられた!島の蔭に潜んでいやがった!」と船員は叫けぶ。



「いかん!どこか陸地へ」


そうこうしている間にも海賊船はもの凄い速さで距離を縮めてくる。



「ダメだ!捕まる。船速が段違いだ。総員戦闘用意を!!」


ヴェネツィアの紋章を纏ったラベンダー色のナポリタンガレアス…。



その先頭から海賊帽をかぶった人物が

「待ちなさい?そこのお船さん?逃げ場は無くってよ!」
と声を張り上げる。


「クッ…あれ女の声だな。」



「私はヴェネツィアの風 カンツォーネ 。 スピードであたしに勝つのは不可能なのよ。」



その通りだった。金や象牙を積んで船足の落ちている僕に勝ち目は無かった。



「すまない。僕がうかつだった。積荷と引き換えに最悪お前達の助命を嘆願してみる…」



「船長!貴方はまだこれからじゃないですかい!諦めたらいけませんぜ!」



ナポリタンガレアスが目と鼻の先まで近づいてくる。

意外にも海賊の船長は若い女性だった。




「積荷は渡すから船員の命は保障してくれ。僕は捕虜にでもなんでもしてくれ。」


「ふーん。貴方はそれでいいの?まだ駆け出しの新米みたいだけど。航路の取り方、操船全て甘いしねぇ。」


「貴方は何か目標あって海に出たんでしょ?きっと。」



「僕は…僕は世界を見て回りたい。亡き両親の遺志を継いで。そしていつか偉大な発見をして歴史に名を残す!!」


女海賊はクスリと笑った。そして


「ふーん…。若いわね。そういうの好きよ。 今回は見逃してあげる。 次はないわ。」


と言うと背を向けて立ち去っていった。



「いい航海を!新米さん。また会う事もあるでしょう。その時までに戦闘技術も磨いておきなさいな。」



と言うと、船はあっという間に見えなくなってしまった。




「船長、あっし達助かったんですかい?」


「あぁ…その様だ…」と言うと僕はその場にへたり込んでしまった。


「マディラまで…急ぐんだ。他の海賊も来るかもしれない…」


恐怖と安堵でしばらくその場から動けなかった。








2か月ぶりのストーリー本編w

もっと定期的に書けるように頑張る…気がする







スポンサーサイト

Category: ストーリー編〜第2章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 8   

コメント

実際に見逃してくれたらいいのにね;;

タカトーヤ #/Rsq8gUM | URL | 2015/11/04 16:33 [edit]

カ、カンツさんが美化されているw いや決して悪い人ではないけど、もっと「ヒャホイ!アドリアの歌姫カンツォーネだ!大好きなのはラムラムだけど、カリブのお酒じゃないよ!」とかいう感じかなあ・・・w

クレー・パオロ #- | URL | 2015/11/08 02:18 [edit]

(*´艸`)やっと続き始まったんですね

ブルーバード号なつかしい〜
( ´°∀°`)新人の頃乗せて貰った船ですね

Iuris #ZJmJft5I | URL | 2015/11/09 18:52 [edit]

タカさん

ですね〜

見逃してもらった訳ではなく、レベル差がありすぎて戦闘仕掛けられなかったダケ…というのが真実

(=゚ω゚)ノ

ジェイ #- | URL | 2015/11/09 22:41 [edit]

クレーさん

かなり美化wですね

真相は「まてーぃ。そこの船〜」といいながら嬉しそうに追いかけられましたw

ジェイ #- | URL | 2015/11/09 22:44 [edit]

ユーちゃん



お待たせしてスマソ(=゚ω゚)ノ

仕事が忙しくて…決して面倒だった訳では…


お互い大分成長したねぇ〜

あれから一年あまり…

これからもヨロペコ(=゚ω゚)ノ

ジェイ #- | URL | 2015/11/09 22:47 [edit]

カンチュは
アドリアの風じゃないよww

さくら的呼称は


あどりーあーのかいぶーつ
カンツォーネ  
よ^^;


あたしもインド南で海域戦闘してたら
襲われそうになりましたw

その日、
カンチュがインドから移動したあと
インド南岸では
ダースなんとかさんと
ファイなんとかさんが
暴れまくってましたww

さくら #- | URL | 2015/11/10 07:59 [edit]

さくらん

ならさくらんは「ポルトガルの現地妻…


ごばく!「ポルトガルの貴婦人」だね。


そのナンチャラさん達とは遭いたくないねぇ〜


でもオレンジとか赤とかいないとツマラナイもんで
w


ジェイ #- | URL | 2015/11/14 11:43 [edit]

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。