06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

〜メヌエット〜

A鯖のネーデルランド出身の冒険軍人ジェイ・スミットのストーリー形式と雑記の二部構成の((((;゚Д゚)))))))なブログ☆

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

外伝〜ダブリン大海戦ともずっこと〜前編 





やはりアムステルダムを出てから7年後のお話。



ネーデルランドが傭兵として自由参加になった為、いつもと違う所で参加しようと思案していた。



「クマの騎士に手紙でも書くか…ブルボン海軍自由遊撃隊。通称”モズ”だか何とかに参加できるように依頼してみようか。」



2日後、クマの騎士から手紙がきた。
皇女様いわく「可」とのこと。



「上官のユキさんにも伝えておくか…ヒールで踏まれるかもしれないなぁ。」


多少ウンザリしつつ、僕は兵舎に向かった。


ユキさんは食事中のようだった。男性顔負けの量を平らげ、おかわりを要求している。




「ユキさん、相変わらずですね。」


「あら?ジェイ君ご挨拶ね。何か用なの?」


「実はですね。」


ユキさんに事の詳細をかい摘んで話した。すると以外な反応が返ってきた。


「そう。行きたければ行けば?アンタなんか知らないんだからねっ!」


「ええええ〜そんなに怒らなくても。」


何だろうか、これ。僕は多少の胸の高鳴りを感じていたが…


「ユキさん、また戻ってきます。お互いネデの強さを見せつけてやりましょう。」


「わかったよ。でも戻ってきてくれないと、イヤなんだから!」


「は、はい。」


何だろうコレ、なんか反則的だ。いつの間にこんな技を…。



気を取り直して、初日に向けて準備を始めた。




当日、合流すべくオポルトからカレーに帆を進める。


広場にて責任者のアサコさんと合流し、艦隊メンバーに一通り挨拶を済ますと、


広場に見慣れた少女を見つけた。



「おや、ミニーさん。こんな所にいたら危ないよ?もうすぐ戦が始まるし。」


「ミニーを子供扱いするな!ジェイこそ早く帰った方がいいでし!」


「まぁまぁ…。」


「ミニもポルトガル人として役に立ちたいの。」


「そうか、なら僕がお世話になるところへ行こうか?」


「ありがとう。ミニーもジェイと一緒に行くでし!」


ミニーさんを連れていったあと、アサコさんに「そういう趣味もあるのね…」と冷ややかに見られた気がするが…。



いよいよ戦が始まる。アサコさんを提督にスメさん、ミニーさん、僕を含めた5人で工作をする。



ドーバーやプリマスに工作をしたり、敵の封鎖艦隊に襲われたり、カレーを構築したり。


なんやかんかで、あっという間に3時間が過ぎた。



ポルトガルの策士 リヒトさんや、若きフランス騎士 ノブレス卿、ブルボン皇女らとは、別部隊でそちらは封鎖をしていた。



皇女なのに前線がお好きとは、相変わらずのお転婆振り。

ただ、象徴が前線に立つと指揮も上がるというものだ。




一日目は対人部隊の奮闘で敵圧倒的有利の中、互角の闘いをしていた。





2日目はクマの騎士を旗に挑む。


サクラ嬢やスメさんらと艦隊をくむ。



クマの騎士の快速を誇る操船や突破、スメさんの粘りの操船。


サクラ嬢の心地よい戦況を伝えるアナウンス。


どれも見習うものばかりであった。



流石、フランス国内でも精鋭と呼ばれる部隊。



幾度も敵として戦ってきたが、苦労した訳だ。



特にクマの騎士とはブルボン皇女を巡る恋敵?だから。


畑は違うけどもいつかは越えなければならない相手だと感じた。




戦況は一時ドーバー要塞を追い詰めたが、落としきれず、対人部隊で奮闘もあって微妙に離されたが互角に戦っている。




アサコ提督も魅力的で話しの分かる人物だが、サクラ嬢にも心惹かれてしまった。



「ヤレヤレ、戦いをしにきたのだが、素敵な方が多くて困るな。」




と苦笑しつつ、タブリン大海戦3日目の朝を迎えるのである。







もずっこ隊は最高でした(((o(*゚▽゚*)o)))


後編に続く!



スポンサーサイト

Category: ストーリー編〜第2章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 5   

コメント

ナンパ師が板についてきてるね!
もずっこさんはホント楽しそうで戻ってきてくれないんじゃないかって心配でした;w;

アサコさんっていうのが個人的にツボ(≧▽≦)
プロデューサーJ流石だわん^^
この台本のように、、れ、練習します(ノωヾ*)

YuKI #- | URL | 2015/08/30 13:21 [edit]

ゆっきんは、ツンデレ・・・i-198

i-220(.. ) メモメモ

☆彩^^ #- | URL | 2015/08/31 00:24 [edit]

どSなYuKIさん、酒浸りさん


YuKIさん今度衣装送りますね〜ノ

酒浸りさん直伝のヒール用意しておいて下さいね〜ノ

ジェイ #- | URL | 2015/08/31 22:45 [edit]

Yukiさんは大食いなのね
そしてツンツンでれでれ??
プロヂューサーJ
ホントに小説家になれるよw
さりげなく、あたしもでてるしww

個人的には
「アサコ」さんがツボですww

あたしもこんな感じで書いてみようかなw
妄想小説家になったりしてw

さくら #- | URL | 2015/09/01 09:16 [edit]

サクラお嬢さん


見に来てくれてありがとうございます(^ー^)ノ


サクラお嬢さんも小説風書いて〜(((o(*゚▽゚*)o)))


見にいく@@ 徹夜待ちします!


御世辞でも何でもなく、戦況アナウンス聞きやすくてベンキョーになりましたb

ジェイ #- | URL | 2015/09/01 22:21 [edit]

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。