FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

〜メヌエット〜

A鯖のネーデルランド出身の冒険軍人ジェイ・スミットのストーリー形式と雑記の二部構成の((((;゚Д゚)))))))なブログ☆

 

〜第2章第7話。 カリブ 夢の島 〜 




カリブ海は楽園だといわれている。



温暖な気候に恵まれ、タバコ、テキーラ、サンゴなどあらゆる嗜好品や娯楽がある大変魅力的な海だ。



だが、僕がカリブ海に憧れるのはそれだけではない。



幼き頃聞かされた「財宝伝説」



とある有名な海賊が処刑される時に「莫大な財宝をこの世界のどこかに隠した」と言ったらしい。


その海賊の主に拠点にしていたのがカリブ海。


あれからもう10年は経ったが未だ誰も見つけてないらしい。



これだけでも僕がカリブ海に向かうには十分すぎた。






先日、ようやくカリブ海への入港許可が下り、僕はリスボンで旅仕度をしている。明日の朝まずはアゾレスへと向かうのだ。




「大学への研究書は…よしと!さてと寝るか」




コンコン…


夜中に船長室を叩く音が聞こえる。



「どうぞ、誰かな?」



そこには青い顔をした副官のニーナが立っていた。



「ジェイ…アゾレスには…どうしても寄るの?…」



「あぁ、カリブ海行くのに補給が持たないからな。どうかしたのか?」



「アゾレス近海では…出るんだって…」



「あぁ、酒場で聞いたが、酔っぱらいの戯言だろう?幽霊船なんて見間違いさ。」



「でも…」



「いいから、明日も早いから早く寝ろ。」





僕は昂ぶる気持ちを抑えきれず、ニーナの話をまるで意に介さなかった。








ストーリー編再開〜(=゚ω゚)ノ



スポンサーサイト



Category: ストーリー編〜第2章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 4