10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

〜メヌエット〜

A鯖のネーデルランド出身の冒険軍人ジェイ・スミットのストーリー形式と雑記の二部構成の((((;゚Д゚)))))))なブログ☆

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

〜紳士の商会員勧誘のすすめ\(^o^)/〜 

なんかブログランキングが上がってるんですが…

ハードル上がってる気がするΣ(゚д゚lll)




これから記事にするのは復帰者さんや新規さんをお誘いする時に気をつけてる事です(=゚ω゚)ノ


ベテランさんの勧誘は人脈やトークで勧誘して下さいw




まず、探すときはサブで学校卒業してないキャラ。

自分はラウラでやってます。 孔雀のドレスを着たお姉さんに、イキナリ声かけられたら無視しないで下さいねw



クラス名簿で交易レベルだけ高すぎるキャラ、名前がちょっとアレなキャラはサブ、倉庫の可能性が高いのでスルーしてます
(´・Д・)」



メインキャラにはある程度、思い入れのある名前つける気がするので、





勧誘する時に一番大事な事は「相手と面と向かって直接話す事」


ナンパ…いや勧誘にも礼儀が必要ですしね!



それに相手がどんな方なのかとかある程度見極められますしね。


最高2時間くらい追いかけた事もあります…

注 ストー○ーではないよ?




エモで挨拶してからTELで話しかけますが、大半は無視されます( ゚д゚)キニスルナ


返事が帰ってきたら会話です(=゚ω゚)ノ


とにかく丁寧に顔文字は必ず使ってます。


チャットでは顔文字使わないと感情伝えにくいですから。

また、新規さんはTELの仕方わからない事多いですから説明して気長に待ってたりします。




商会とは?具体的に何するのか?レベル低くくても平気なのか?続けるかわからないけどいいのか?


ここらへんはよく聞かれますね。

商会ごとにルールは違いますからそこは商会のルールに合わせて説明をしてみて下さい。




自分は新規さんには特にこのゲームの魅力を伝えてみてます。


色んな服が着れてオシャレできる。インドさらにはアジア、日本にもいずれ行ける。船を見せる。戦闘したい方には大海戦の説明などなど…。



復帰者さんには特に商会の雰囲気、魅力などを伝えてます。近くに商会員仲間が居たら呼び寄せたりしてますね。


人を見て冗談や笑いを取りにいったりと…。


とにかくお相手の不安を取り、興味を誘うように話してみてます。


新規さんには特に重要です(=゚ω゚)ノ



自分で好きでやってる事ですが、中々大変です。


実践あるのみ(´・Д・)」
沈んだ回数程上手くなれるハズw


ナンパに通ずるものが…いや。ゲフンゲフン。



サクッと説明しましたが、大した事描いてないのでガッカリする方もいるかも…


すみません(^^;;




勧誘が盛んになれば、DOLも賑やかになるでしょう。


運営に期待するよりも自分達に出来る事をやれば、きっともっと今より楽しくなるハズ。






もし質問等ありましたら、コメントなりTELなりでいつでもカモン\(^o^)/


スポンサーサイト

Category: 雑記

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 4   

〜商会員勧誘してて思う事(=゚ω゚)ノ〜 


最近商会で自動退会処理になってしまった方々が戻ってきてくれたりして本当に嬉しいです\(^o^)/


まして、自分でお誘いした方々だったから余計にね
。・゜・(ノД`)・゜・。


また、新人さんが入ってくれました! 話易くて素敵な方です。


なにやら商会メンに「女の子ばかり勧誘してくるよね〜」って言われますが〜


気のせいだな、それはw



え〜ここからはツマラナイ話なので、読まなくても結構ですw また長い話ですしね。



大航海時代オンラインは過疎化が進んでいるといいます。


昔を知らない自分には実感はありませんが、オンラインゲームの割には少ない気はしてますね。


度重なる仕様変更やらで人が大勢離れたらしいともよく耳にします。


新規、復帰ユーザーも少ないし…とか。


ん?

「結構いますよ?」


完全新規さんは少ないですが、復帰者さんは結構いる。 見えてないだけかもですね。



たまに街角で商会員募集のシャウトも耳にします。


そういう姿勢というかいいと思います(=゚ω゚)ノ


でも「入会してくる方いるんだろうか…」


えーと自分は余裕ある時、気が向いたときに商会員の勧誘してます。


特に頼まれた訳でなくて「賑やかに遊びたいから」って個人的理由です。


一応 累計25人くらい?自動退会やら辞めてしまった方含めてですね。


5人には3人は無視というか相手にしてもらえないです。サブ垢だったりするのかな〜

2人はお話してくれます。で一人は入ってくれる様な気がします。実感として。


5分の1…調子いい時や悪い時もありますね。



他の勧誘しようとしてる方とバッティングした事無いんですよね…



商会員募集してる皆さん、自分で探しに行ってます?



新規、復帰者が少しゲームして一人じゃ楽しい訳無いし…辞めてしまう。



そんなの結構あると思うんです。


勿体無い、マジで勿体無い(−_−;)




大航海時代オンラインの現状を憂うなら、こういうところから。



人は宝です。



もし需要があるなら、自分がどんな風に商会員勧誘してるのか記事にしてみます。



ですが個人名等は一切出しません。




鍵付きコメでも、匿名でも。批判でもお待ちしてます。



人気ブログなら、こういう時に色んな意見聞けていいなぁ。なんて思ったりw





ヨロペコ(=゚ω゚)ノ


Category: 雑記

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 12   

〜明日は?ロンドン 猫★祭り(=゚ω゚)ノ〜 



21日土曜日15時からロンドン広場あたりで
「猫★祭り」やりますよ〜

うちだーのさん主宰のイベントです!


猫らしく、魚探して商品ゲトしたり、「猫娘コンテスト」やったり、フレンド登録会やったりするみたいです(=゚ω゚)ノ


詳しくはうちだーのさんのブログ。「まったりゆったり大航海中」をクリッククリック♪



はい、また行けなーい。・゜・(ノД`)・゜・。


イングランド1の美女 labiさんの猫娘姿とか…もう。


鼻血ブーですね\(//∇//)\

うちだーのさんの猫娘姿は…


グェッ囧rz


とりま明日はロンドンにGO☆







あぁ〜行きたいよ〜

Category: 雑記

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 0   

第2章第2話〜ラスパルマスの邂逅〜 



僕は翌朝アフリカに向けて出航した。学校でアフリカ西部までの入港許可が降りたから。



EU圏内の外へ出たことのない僕は胸が高鳴っていた。


アフリカは肌の色も言語も文化も違う人々が暮らしているという。



戦闘用フリュート”ブルーバード”と共に危険海域手前のマディラまで帆を進める。



ここから先、カナリア沖からは海賊が多く潜む危険地帯。思わず舵を握る手にも力が入る。





だが、予想に反して船旅は順調そのもの。


アフリカ海岸沿いの街々を発見して回る。


シエラレオネやサンジョルジュは金の一大生産地。EUから富を求めて多くの航海者達が訪れていた。


後に初陣を飾るサントメを過ぎ、許可の降りているカリビブまで発見して、金や象牙などを積み込みEUに帰る事にした。




「なにやら順調すぎるな。海賊の目撃情報もないし、不気味だ…」


「船長、順調な船旅ならそれに越したことはないですぜ!」


「あぁまぁ、そうなんだがな。」



シエラレオネを過ぎ、カーボヴェルデを左手に見ながら、ラスパルマス付近へと帆を進めた。




「あれはなんだ?」

遠くに大型のガレー船が見える。


「あの旗印は海賊船でさ!船長!やられた!島の蔭に潜んでいやがった!」と船員は叫けぶ。



「いかん!どこか陸地へ」


そうこうしている間にも海賊船はもの凄い速さで距離を縮めてくる。



「ダメだ!捕まる。船速が段違いだ。総員戦闘用意を!!」


ヴェネツィアの紋章を纏ったラベンダー色のナポリタンガレアス…。



その先頭から海賊帽をかぶった人物が

「待ちなさい?そこのお船さん?逃げ場は無くってよ!」
と声を張り上げる。


「クッ…あれ女の声だな。」



「私はヴェネツィアの風 カンツォーネ 。 スピードであたしに勝つのは不可能なのよ。」



その通りだった。金や象牙を積んで船足の落ちている僕に勝ち目は無かった。



「すまない。僕がうかつだった。積荷と引き換えに最悪お前達の助命を嘆願してみる…」



「船長!貴方はまだこれからじゃないですかい!諦めたらいけませんぜ!」



ナポリタンガレアスが目と鼻の先まで近づいてくる。

意外にも海賊の船長は若い女性だった。




「積荷は渡すから船員の命は保障してくれ。僕は捕虜にでもなんでもしてくれ。」


「ふーん。貴方はそれでいいの?まだ駆け出しの新米みたいだけど。航路の取り方、操船全て甘いしねぇ。」


「貴方は何か目標あって海に出たんでしょ?きっと。」



「僕は…僕は世界を見て回りたい。亡き両親の遺志を継いで。そしていつか偉大な発見をして歴史に名を残す!!」


女海賊はクスリと笑った。そして


「ふーん…。若いわね。そういうの好きよ。 今回は見逃してあげる。 次はないわ。」


と言うと背を向けて立ち去っていった。



「いい航海を!新米さん。また会う事もあるでしょう。その時までに戦闘技術も磨いておきなさいな。」



と言うと、船はあっという間に見えなくなってしまった。




「船長、あっし達助かったんですかい?」


「あぁ…その様だ…」と言うと僕はその場にへたり込んでしまった。


「マディラまで…急ぐんだ。他の海賊も来るかもしれない…」


恐怖と安堵でしばらくその場から動けなかった。








2か月ぶりのストーリー本編w

もっと定期的に書けるように頑張る…気がする







Category: ストーリー編〜第2章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 8   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。