07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

〜メヌエット〜

A鯖のネーデルランド出身の冒険軍人ジェイ・スミットのストーリー形式と雑記の二部構成の((((;゚Д゚)))))))なブログ☆

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

外伝~ダブリン大海戦ともずっこと~後編 





3日目の朝が明ける…。 僕は駐屯地のオポルトで目を覚ました。 2日に渡る激戦で体が重い。


疲れた体にムチをうちつつ、ポルトガル側集合地のカレーへと向かう。


両陣営とも不足した物資を運ぶ商船がドーバー海峡を行き来している。


この戦いはイングランド側の本土防衛戦。鉄などの物資はイングランド領土で容易に調達できる上に、要塞数も多く、士気も高い。



ポルトガル側は連盟国のフランス領土カレーのみ。


遠征戦になる上に、要塞数の上でも不利。


僕などの素人目で見ても正直勝ち目は薄い。カレーが陥落し大敗すればフランス領土が逆に攻められる憂き目にあう。


過去そういった歴史もあるようだ。



だが、ポルトガル連合軍は数に優るイングランド連合軍に互角以上に戦っている。


ポルトガルの精鋭艦隊の奮闘もあるが、フランス軍の「カレーを守る」という強い意志も感じた。


フランス軍の団結力と強い意志。それが互角の戦況を演じているのだろうか。





砲弾や装甲のメンテナンスを済まして、僕は旗を務めるアサコ提督に合流した。



「ジェイさん、準備はいい?今日もよろしくね〜」


「はい、よろしくお願いします。」




負けてる戦況ではあるが、変わらず明るい声で盛り上げてくれる。そこに惹かれて仲間は集まるのだろうか。




3日目が一番苦しい戦況となった。イングランド連合軍は援軍を要請したのだろうか。



体感として1.5倍人数が増えた気がする。


通信でも「リヒト隊解散、ドーバー集合。」「カレー前敵艦隊多数、苦戦。援軍を!」


など苦戦を告げるアナウンスが流れる。



アサコ工作艦隊も座礁したり、座礁したり、敵封鎖艦隊に阻まれて前日の様に工作が出来ない。



カレー構築は比較的容易に出来た気はするが。


守りに入ってポイント差を守りにきてるのだろうか。





そのままじわじわとポイントを離されてダブリン大海戦はイングランド連合軍の勝利で終わる。



フランス軍としては負けはしたが、カレーは守られた。



そして優秀軍人として3日間全てポルトガル連合軍から出ていた。ポルトガル連合軍の奮闘が伺える戦果だ。






オポルトでポルトガル連合軍は大海戦最後の会議をする。



早めに到着したモズ艦隊は教会のステンドグラスの前に集まりお互いの健闘を讃え、会話を楽しんでいたが…



「この教会、集合場所だったね、もう表彰式始まっているのにどうしよう。動けないわ。」とアサコ提督。



「そもそもここに集まろうと言ったのは誰?」



「アンタだよ!」と皆が言う。



「アッハッハ。」皆が笑う。疲れも吹き飛んでしまった。





そして翌日。


「アサコ提督、皆さん。ありがとうございました。楽しかったです。」


「ジェイさん、良かったらまた来て下さいね。」

「また、来いよ!」



「はい、出来ればまた。皆さんとは敵としてお会いする事がないように祈っています。」


「それにせっかく仲良くなれたお嬢さん方を悲しませたくないですから。」



「相変わらずね、ジェイさんは!また会いましょう。」





こうして僕のダブリン大海戦は幕を閉じる。










皆さんありがとうございました。機会があればまた!(^ー^)ノ



スポンサーサイト

Category: ストーリー編〜第2章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 2   

外伝〜ダブリン大海戦ともずっこと〜前編 





やはりアムステルダムを出てから7年後のお話。



ネーデルランドが傭兵として自由参加になった為、いつもと違う所で参加しようと思案していた。



「クマの騎士に手紙でも書くか…ブルボン海軍自由遊撃隊。通称”モズ”だか何とかに参加できるように依頼してみようか。」



2日後、クマの騎士から手紙がきた。
皇女様いわく「可」とのこと。



「上官のユキさんにも伝えておくか…ヒールで踏まれるかもしれないなぁ。」


多少ウンザリしつつ、僕は兵舎に向かった。


ユキさんは食事中のようだった。男性顔負けの量を平らげ、おかわりを要求している。




「ユキさん、相変わらずですね。」


「あら?ジェイ君ご挨拶ね。何か用なの?」


「実はですね。」


ユキさんに事の詳細をかい摘んで話した。すると以外な反応が返ってきた。


「そう。行きたければ行けば?アンタなんか知らないんだからねっ!」


「ええええ〜そんなに怒らなくても。」


何だろうか、これ。僕は多少の胸の高鳴りを感じていたが…


「ユキさん、また戻ってきます。お互いネデの強さを見せつけてやりましょう。」


「わかったよ。でも戻ってきてくれないと、イヤなんだから!」


「は、はい。」


何だろうコレ、なんか反則的だ。いつの間にこんな技を…。



気を取り直して、初日に向けて準備を始めた。




当日、合流すべくオポルトからカレーに帆を進める。


広場にて責任者のアサコさんと合流し、艦隊メンバーに一通り挨拶を済ますと、


広場に見慣れた少女を見つけた。



「おや、ミニーさん。こんな所にいたら危ないよ?もうすぐ戦が始まるし。」


「ミニーを子供扱いするな!ジェイこそ早く帰った方がいいでし!」


「まぁまぁ…。」


「ミニもポルトガル人として役に立ちたいの。」


「そうか、なら僕がお世話になるところへ行こうか?」


「ありがとう。ミニーもジェイと一緒に行くでし!」


ミニーさんを連れていったあと、アサコさんに「そういう趣味もあるのね…」と冷ややかに見られた気がするが…。



いよいよ戦が始まる。アサコさんを提督にスメさん、ミニーさん、僕を含めた5人で工作をする。



ドーバーやプリマスに工作をしたり、敵の封鎖艦隊に襲われたり、カレーを構築したり。


なんやかんかで、あっという間に3時間が過ぎた。



ポルトガルの策士 リヒトさんや、若きフランス騎士 ノブレス卿、ブルボン皇女らとは、別部隊でそちらは封鎖をしていた。



皇女なのに前線がお好きとは、相変わらずのお転婆振り。

ただ、象徴が前線に立つと指揮も上がるというものだ。




一日目は対人部隊の奮闘で敵圧倒的有利の中、互角の闘いをしていた。





2日目はクマの騎士を旗に挑む。


サクラ嬢やスメさんらと艦隊をくむ。



クマの騎士の快速を誇る操船や突破、スメさんの粘りの操船。


サクラ嬢の心地よい戦況を伝えるアナウンス。


どれも見習うものばかりであった。



流石、フランス国内でも精鋭と呼ばれる部隊。



幾度も敵として戦ってきたが、苦労した訳だ。



特にクマの騎士とはブルボン皇女を巡る恋敵?だから。


畑は違うけどもいつかは越えなければならない相手だと感じた。




戦況は一時ドーバー要塞を追い詰めたが、落としきれず、対人部隊で奮闘もあって微妙に離されたが互角に戦っている。




アサコ提督も魅力的で話しの分かる人物だが、サクラ嬢にも心惹かれてしまった。



「ヤレヤレ、戦いをしにきたのだが、素敵な方が多くて困るな。」




と苦笑しつつ、タブリン大海戦3日目の朝を迎えるのである。







もずっこ隊は最高でした(((o(*゚▽゚*)o)))


後編に続く!



Category: ストーリー編〜第2章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 5   

〜決戦は金曜日(当たり前w)〜 



さて、今日はもう大海戦初日ですね。


今回はリアル都合で仕事で金曜日しかフルで出れません( ゚д゚)


今回はあの”もずっこ艦隊”で参戦します。


フレンドさんに頼んでメンバーにねじ込んでもらいました(=゚ω゚)ノ


もずっこ艦隊といえば、工作ですが。


自分。工作とか戦術とかサッパリワカランチンのアホの子です\(^o^)/



いずれは、対人フル希望のエセのーきんで沈める事に快感を覚えるタイプの人です
(#^.^#)


そんな困った子が何故もずっこ艦隊さんに参加したかったかというと。


酒の人をイジリ倒したかった訳では、なく!

「憧れ。」ってヤツです。


ハイ〜またクサイ〜


海事を志してから、大海戦の存在を知り、ブログの存在を知り、もずっこ艦隊の記事を見つけてから、凄く楽しそうで一度は参加してみたいと思い、憧れてた所ですね。


大袈裟ですねw


これで一つの目標が叶った訳になります。


3日間みなさんよろしくお願いします
(=゚ω゚)ノ騒ぐぞー



でー今の自分の1番の目標はというと、”ネデの精鋭艦隊の一員として、他国に怖れられる存在になる事。”です。


といっても腕は御察し。なんですが!


人は見ている方向に向かって進む。といいます。

ヘタクソでも前を向いてればいつかは辿りつくんではないでしょうか。


クサイ〜( ゚д゚)


たかがゲームにマジになるイタイ子供ですな( ゚д゚)


色々な方のブログを見て、みなさん思うところはあると思います。


でも、やっぱり楽しんだもの勝ちという事で(=゚ω゚)ノ


月に一度のお祭りを楽しみましょー
\(^o^)/





決戦〜は、金曜日〜♪






Category: 雑記

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 8   

〜8月17日はジェノバザー\(^o^)/ 



はーい、告知でーす。(=゚ω゚)ノ



8月17日の夜21時から、A鯖のジェノヴァ。


商会管理局前広場にて!バザーを行います
(=゚ω゚)ノ


しあわせの風見鶏商会員も気合いを入れて準備してるみたいです(^ー^)ノ


自分はというと…多分顔だせるカナ!程度でスミマセン(T ^ T)

生まれてスミマセンw


何か掘り出しモノやお友達出来るかもしれませんよ?


みなさんのご来場お待ちしておりますね〜






大海戦前だから〜忙しいの( ゚д゚)ウソ



Category: 雑記

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 0   

第ニ章〜第1話 旅立ちへと誘う 占星術師〜 



占星術…星を読む事。そんな事が人の力で出来るのか? 天文学さえ信じない自分にはサッパリわからなかった。



ヨハンナに旅立ちを告げたその日の夜、僕は出航所へと歩を進めた。



アムステルダムの夜は寒い。コートを羽織っていても寒さが身にしみる。暖炉を炊く街々の灯りがやけに明るく見えた。



「さて、何をしようか?世界の街々を巡って見ようか、入港許可が降りてるのはアフリカまでだから…」



ん?僕の船の横に女性らしき人影が見える。こんな時間に?まだ夜明け前だぞ?


僕は不思議に思いつつ、近寄っていった。



人影の正体はどこか不思議な雰囲気のする銀髪の女性だった。美しく優しそうな笑顔をしていたが、意思の強そうな瞳で真っ直ぐこちらを見つめている。



「ジェイ・スミットさんですね?貴方をお待ちしておりました。」


「はぁ…何故名前を…」


そんな僕の問いかけを無視して銀髪の女性は続けた。


「私はエイリアス。占星術師です。星の流れを読み、人の運命の一部を視る事ができます。」


「はぁ…占星術…ですか?」


「えぇ、貴方の進む道を占ってみましょう…」


「あぁ、遅くなりましたが、卒業おめでとうございます。」


「何故それを…」


「うふふ。」


「いくつか質問に答えて頂けますか?」


「はぁ…まぁどうぞ。」


いくつか質問に答えた後、彼女はこう言った。


「貴方は軍人として、世界を巡り人々を護り、大きな戦いでは一将兵として国家の存亡の一端を担う事になるでしょう…。」



「お言葉ですが、僕は軍の犬になるつもりはありません。世界の秘境を旅して名を上げたいのです。」


「えぇ、そういう星も出てはいますね。ですが、貴方の本分は軍人。自分を磨き上げて下さいね。」


「何を勝手に。貴女が何を知っていると言うんだ!」


「私は占星術師、星を詠む者。今の貴方の星はそうでています。ですが、運命は変わります。 もし道に迷ったらフランクフルトにいる私を訪ねてみて下さい。」


「はい、まぁ考えておきます。」


「通称ネーデルプリンセスと呼ばれる女性が貴方の道をより広げてくれるでしょう。出会いを大切に。」




そう告げると銀髪の女性は夜の闇に消えていった。




僕はその場に立ちつくしていたが、気をとり直しアフリカ西部を目指して船を進めていった。






第ニ章スタートしました。アフリカ西部では何かが起こる?


Category: ストーリー編〜第2章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 0   

〜ついに…ここまで(T ^ T) 〜サー・ジェイ誕生? 





このゲームを始めて約9ヶ月…。


ついに…”騎士爵”まで来ました(T ^ T)


サー・ジェイ と呼んでくれたまえ!



浮かれてもいいじゃ〜ないのぅ〜






まぁここまで来れたのも、バカな自分に付き合ってくれた商会のみなさん。フレンドのみなさん。ネーデルランドのみなさん。のご協力あっての事です!


この場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m




特に写真に写っている二人のネーデルレディ。(名前は一応伏せておきます)



二等までは自力で来たのですが、自分ではほとんど投資してなくて(お金が無くて…、そもそも南蛮キライ…)


400M程かな?先生方にお金を頂いて代わりに投資したら騎士爵まで上がりました
(=゚ω゚)ノ



「投資サボってるな?」とお叱りも頂きましたw 先生コワry…



特に海事方面で相談に乗って頂いたり、自分の悪ノリに付き合って頂き、感謝しております。


お宅訪問楽しかったですわ〜


先生には、まだ弟子にしてもらってはいませんが、勝手に先生と呼んで遊んでもらってますね(=゚ω゚)ノ


先生マダー?w





またまたクサッな話になってメンボクねぇですが…


自分はこのゲームで周りの方に恵まれてきたかなと思います。


だからこんな短時間で達成出来ました。自慢でも何でもなく、事実です。



商会の方々はもちろんですが、ターニングポイントはきっとヘルデル模擬に参加して、YUKIさんやヘルデル模擬のみなさんに出会えた事。


ブログを始めてブロガーのみなさんと出会えた事。かなと思います。



そして自分はこれから始まる航海者さん、復帰される航海者さんに向けてブログを書いてみてます(^ー^)ノ


ブログのストーリー編はパパチチさんのブログ、ストーリー仕立てになってて面白い!と思ったので、スタイルをパクらせて頂きましたw





どこかの漫画にありましたが、「受けた恩は、余さず次の世代へ」



自分自身もそう振る舞えるよう努力したいと思います(=゚ω゚)ノ








クサッ臭すぎるわ…次回はふざけよう…


( ゚д゚)

Category: 雑記

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 10   

〜第三回 チワ模擬に行ってきた〜 




☆酒様… 子供用のお酒って@@

捕まりますよ?





8月1日に「第三回痴話模擬」に招待されて行って来ました(=゚ω゚)ノ



正直ポンコツKYな自分が招待…


かなりプレッシャーだったんですが、すごく楽しかったです。



カールさん、お誘いありがとうございました!



迷惑で無ければ次もお誘いお待ちしておりまする
(((o(*゚▽゚*)o)))



何やら有名な人が一杯で…
オラ。ワクワクすっぞ!でした。


カールさんやひなたさんにもお会い出来ましたね。運営お疲れ様でした(=゚ω゚)ノ


フレンドお願いするの忘れたorz…



朧さんやらチェザさんやら各国の代表もいらっしゃいましたね。無頼な人にもお会いしました!


いろんなブログで言われてますが 「朧さん天然でかわいいです!」

強さは…全然かわいくなかったw

流石です!





さて…模擬はというと…



酒の方を遂に撃沈出来て嬉しかったです!以上!

頭をズドーーン


海賊艦隊も面白かった…真っ赤!


しかも賑やか!


強さは微妙!(失礼)


白兵は流石に超強かった!(ガクブル)




模擬終わってからは多分二時間以上ダベってましたね∑(゚Д゚)




クマが二人いたとか、昨今の大海戦とか、チェザさんとカールさんが兄弟?とか、アプデについてとか、ネーデルアイドルYUKIさんが実は…Sだとか!




うるさくしてスミマセンでした(反省)



各国にはカリスマがいるし…ネデにもイザベル総司令がいますね。



人を集めるにはカリスマ、及びアイドルつまりシンボルが必要です…


う〜〜ん

う〜〜ん




そうだ!YUKIさんをどSアイドル?にしてMな男どもをネデに呼び寄せよう!



( ゚д゚)アルェ?



「ネーデルアイドルYUKIプロデュース作戦」始まるかも??









自分が生きていられるかはワカリマセンがね

((((;゚Д゚)))))))


Category: 雑記

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 8   

〜第1章〜あとがき。 




…彼がストーリー編の主人公ですね( ゚д゚)

セビリア駅前で何してるんでしょうか…


恥ずかしい人ですね…



ジェイ・スミット。通称”ネーデル紳士”

”変態紳士”とも呼ばれてますね…。失礼だぞ?



ストーリー編第1章のあらすじ。


アムステルダムを出て食い逃げして、学校に入って、あーだーこーだしつつ、商会に入って賑やかしつつ、上級課程卒業した話です。


登場人物


ジェイ・スミット(主人公、ネデ民)


ラウラ・スミット(サブ、妹、イスパニャン)


ヨハンナ(アムステルダムの酒場…娘?)



商会のお仲間。


マイ(あの人ですょ( ゚д゚))


イニエスタ(会長)


ロブ(兄貴、自称初心者)


ハル(酒場マスター、よっぱry…美人)



外伝編登場人物


ユキ(ネデのブロガーさん、S)


ブルボン皇女(ぱぁーー><*)


カンツォーネ(愉快な海賊さん)


クレー卿(和服紳士)


以上。敬称略。


御協力ありがとうございますm(_ _)m



でー続きですが…


「期待してるよ〜」「マダー?」「早く書け!」

などありがたいプレッシャー頂いたので、


やります!


ボクイソガシイシメンドー( ゚д゚)ボソッ



なので期待せず、鼻ほじりながらお待ち下さいな(=゚ω゚)ノ





育成キャンペーン、アプデも来るし忙しいわ( ゚д゚)


Category: ストーリー編〜第1章〜

Thread: 大航海時代Online

Janre: オンラインゲーム

tb -- : cm 4   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。